ちょびリッチ

ちょびリッチのポイントをiTunesコードと交換する方法を解説!

今日はちょびリッチで貯めたポイントを電子マネー、主に「APP Store&iTunesコード」と交換する方法をわかりやすく解説します。

無料案件や無料ゲームをコツコツやってる人はけっこう貯まったんじゃないでしょうか?

ちょびリッチのポイントは1000p(=500円分)から交換できるので、今回はその交換までの流れを見ていきます。

ちょびリッチにログイン

換金できるポイントが1000p以上あることを確認したら、右上の「アカウント」を触るとメニューバーが出るので、「ポイント交換」というところをタップしてください。

 

ポイントの交換先を指定

 

ポイントは現金や電子マネー、マイルやギフト券などと交換できます。

今回は、僕もアプリゲームの課金によく使う「電子マネー(APP Store&iTunesコード)」と交換していきます。

「電子マネー」の欄をタップすると、「APP Store&iTunesコード」を始めとした様々な電子マネーと交換することができます。

ちなみに現金交換と違い、電子マネーでの交換はすべて手数料が無料となっていて、お得感がありますね。

現金と交換すると銀行振込の手数料が発生するので、電子マネーとの交換が一番いいんじゃないかなと個人的には思ってます。

 

ここでは「APP Store&iTunesコード」を選びます。

 

それで交換先を決めたら、条件をよく読み、問題なければ「交換申込みする」をタップします。

秘密の質問に答える

続いてちょびリッチに登録するときに設定した「秘密の質問」を入力します。

交換ポイント数を選択して申請

秘密の質問に回答すると、次に交換するポイントを選ぶ必要があります。

あなたが交換したい分だけのポイント数を入力して、交換へと進みましょう。

問題なければ「申請」をタップして、これで交換申請が終了しました。

 

申請したポイントは即日反映され、サイトに登録してあるあなたのメールアドレス宛に交換コードが送られます。

あとはそのコードをiTunes Storeのコード入力に打ち込めば、無事にAPP Store及びiTunesで使えるようになります!

 

まとめ

今回はちょびリッチで貯めたポイントを「APP Store&iTunesコード」と交換する方法を解説してみました。

僕がiPhoneを使っているので「APP Store&iTunesコード」のやり方で説明しましたが、アンドロイドスマホを使っている人は「GooglePlayカード」に交換することもできます。

その際の交換方法は全く変わらないので、アンドロイドユーザーでも問題なく交換できますよね。

この機会に、ポイントがザクザク貯まるちょびリッチを始めてみて、ぜひアプリゲームに課金する際の足しにしてもらえればと思います(^^)